受付時間:9時~17時30分(土・日・祝日も受付中)
サイト内検索
- 文字サイズ +
印刷範囲
全体プリント
本文プリント

お庭を彩るライティング

201512-12

冬の夜をロマンティックに…

せっかくのお庭を、昼間に楽しむだけではもったいない!工夫次第で、夜のお庭は昼間とはまったく異なる表情を見せてくれます。その工夫というのが、そう、「ライトアップ」です。

夜のお庭をより引き立てるためには、それぞれのお庭の個性や住まう方のお好みに合わせたライティングテクニックがポイントになります。また、お庭のライトアップは雰囲気を楽しむだけでなく、防犯や夜間の歩行の補助となるなど、実用面でも大きな効果があります。

寒い季節はポッと灯る明かりを眺めるだけでも、心があたたまるもの。今年の冬はお庭のライトアップで、ちょっとロマンティックな気分に浸ってみませんか。

ここがポイント!エクステリアのライティング

ライティングの役割

エクステリアのライティングには、大きく3つの役割があります。まずはそれぞれの役割についてご紹介します。

ライティングの種類

では、エクステリア用の照明にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは主な種類についてご紹介します。

1.門柱灯 ー外構や庭まわりを照らすー
門柱や門扉、アプローチなどを照らし出す照明です。防犯性が高まるとともに、夜の外観のイメージアップにもつながります。

また、カーポートの屋根にダウンライトを埋め込めば、夜間の駐車がラクになるだけでなく、幻想的な明かりが愛車をやさしく照らしてより魅力的に見せてくれます。
201512-4

2.アプローチライト ー玄関まで安全にエスコートー
門から玄関へと続くアプローチを連続的にライトアップすることで、夜間の歩行を助け、転倒などの事故を防ぎます。

もちろん、エクステリアの雰囲気アップにも効果的。フットライトやスタンドタイプをはじめ、さまざまな種類があります。
201512-5

3.スポットライト ー見せたい箇所を効果的にライトアップー
部分部分で強調したい箇所を照らして、昼間とは違った光景をつくります。小さなライトを多く使ったり、下から照らしたり、逆に上から照らしたり・・・と、光の当て方次第で多彩な表情を演出できます。

また、植栽のライトアップにも向いています。
201512-6

ライティングのテクニック

光を当てる箇所や照射角度などによって、同じお庭でも全く違った雰囲気に仕上がります。
ここでは基本的なライティングテクニックについてご説明します。

植栽のライトアップ

夜のお庭の演出に欠かせないのが植栽のライトアップです。植栽に光を当てることでお庭全体に豊かな表情が生まれます。植栽のライトアップ方法には、主に以下の4つがあります。但し、樹種によって適した照らし方があるため、よりこだわりたい方はエクステリアの専門家と相談しながらプランを練ると良いでしょう。

アップライティングアップライティング
シンボルツリーのライトアップに適しています。
シルエットライティングシルエットライティング
樹木の輪郭を浮かび上がらせる手法です。

シャドーライティング1シャドーライティング
影が奥行き感を生み、お庭をより表情豊かに。
ミラーライティングミラーライティング
池などの水面に映る樹木の姿が楽しめます。

その他にも…

株立ちの樹木の場合、幹の後ろから照らすことで、幹の両脇や枝の間から光が漏れて幻想的な光景に。また、樹木ではなく草花のライトアップは「上から」行うと効果的。見せたい部分だけをやさしく照らし、夜の草花を美しく見せてくれます。

あえて照明を固定せず、その日の気分によって移動できるようにしておけば、一つのお庭でいくつもの表情が楽しめますし、揺れるタイプのライトを木の枝などに掛けるのもオススメです。このように「植栽のライトアップ」とひとことで言っても、アイデア次第でさまざまな演出法があります。

門まわり・アプローチのライトアップ

最も歩行の多い「門~アプローチ~玄関」の照明のポイントは「3点照明」。玄関ポーチだけの1点照明ではステップ(階段)やアプローチが暗く手探り状態で危険です。これに門灯を加えた2点照明でも、玄関まわりはまだ暗く、歩行はもちろん、防犯上も不安です。

そこで、アプローチや玄関まわりの植栽などにもう1つ照明をプラス。こうすれば、演出・安全・防犯というライティングの役割すべてを満たすことができます。

家計にやさしいライティング

一晩中、照明が点いていては、余計な電気代がかかってしまいます。そこで、夜間照明の便利な機能についてご紹介します。

■タイマー
たとえば「午後6時から9時まで点灯」と設定しておけば、夜9時になれば自動的に照明が切れます。

■明るさセンサー
季節によって日没・日の出時間は異なります。明るさセンサーのついた照明なら、時間に関わらず、外が暗くなったら自動で点灯し明るくなったら消灯します。

■人感センサー
玄関ポーチの照明などは「普段は消えていて、家族が帰ってきた時だけ点灯すれば十分」と考える方も多いはず。そのような方にオススメなのが、人の動きを自動的に感知して点灯する人感センサーです。当然、不審者の動きも感知しますので、防犯にも役立ちます。

今のイチ押しは「LED」

お庭のライティングにも「LED」がオススメです。特に植栽のライトアップには最適。どんな効果があるのか、簡単にご紹介します。

■省エネ
明るさは普通電球と同等でも、消費電力は1/10。電気代の削減につながります。

■長寿命
LEDの寿命は何と4万時間!電球交換の手間が大きく抑えられます。

■植物を傷めない
他の電球と比べて発熱が少なく、紫外線もほとんど放出しません。
水銀などの有害物質も使用していない、植物や自然環境にやさしい照明です。

■虫を寄せつけにくい
屋外の照明にはたくさんの虫が寄ってきます。これに対してLEDの光の波長は虫が認識しづらいため、
虫を寄せつけにくいという特長もあります。


201512-11

関連おすすめ記事

201512-0-eye3

大切な愛車を風雨や雪、落下物、鳥のフンなどから守り、雨の日でも濡れずに乗り降りできるカーポート。これからの季節なら霜や雪への備えとしてはもちろん、ジリジリと照りつける夏の直射日…

201512-0-eye2

いまや「家族」の一員となったペット。皆様の中にもワンちゃんと一緒に生活されている方は多いと思います。そんな愛犬家の皆様のために、静岡セキスイハイムエクステリアでは、飼い主さんはもちろ…

l-item
【エクステリア・ガーデンアイテム】
用途やスタイルに合わせてさまざまなアイテムをトータルにコーディネートします。
続きを読む(グループ会社サイトへ)

お庭のライトアップに関するご相談は、静岡セキスイハイムエクステリアへ

ll-tel
ll-mail

ザ・シーズンとは
seasonbanner
投稿日:
タグ :
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ