受付時間:9時~17時30分(土・日・祝日も受付中)
サイト内検索
- 文字サイズ +
印刷範囲
全体プリント
本文プリント

家族みんなに安心・安全 エクステリアもバリアフリー

201508-0g

猛暑の夏も終わり、季節は爽やかな秋へ。これからは、お出かけはもちろん、心地いい風を感じながらお庭で過ごす時間も楽しみになりますね。それは小さなお子様やご高齢者も同じこと。そこで、お庭を子どもの遊び場にしたい方や足腰の弱い方、車椅子を使われている方がいらっしゃるご家庭には、ぜひエクステリアのバリアフリーをオススメします。

スロープ&手すりの設置でラクラク安心

■ベビーカーやよちよち歩きのお子様にも
たとえば、たった数センチの段差でも、車椅子を使われている方にとっては大きな障壁ですし、ご高齢者や小さなお子様がつまずいて転んでしまうなど、思わぬ事故の原因にもなりかねません。そして、こんなちょっとした段差が、車椅子の方やご高齢者にとって外出に対する「心の壁」になっていたとしたら、とっても寂しいことですね。
そんな時の強い味方がスロープや手すりです。また、ご高齢者や車椅子をお使いの方だけでなく、ご家族全員の安全のためには、足元照明の設置も効果的です。ではそれぞれの特色についてご紹介いたします。

スロープ

■高齢者や障がい者の自立をサポート。介護する方の負担も軽減します

車椅子の方が家に出入りする際に、最も困るのが玄関まわりの階段や段差です。階段とは別に、ゆるやかな勾配のスロープを設けることで、車椅子の方でも気軽に家と外を行き来できるようになります。

介護が必要な方の場合は、車椅子を押す介護者の負担を大きく軽減します。また、足腰に不安があり、家にこもりがちなご高齢者の歩行訓練にも役立ちます。

但し、スロープを設置する際には、長さや幅、傾斜の角度やカーブの取り方などに十分注意しなくてはなりません。もちろん、床の素材選びや脱輪対策、勾配にも配慮が必要です。

安全のために取り付けたスロープが逆に危険な場所となっては本末転倒ですので、施工実績の豊富な専門業者へのご依頼をオススメします。

201508-5g

手すり

■つまずきや転倒の不安を大きく軽減

ご高齢者がいらっしゃるご家庭では「つまずかない」「転ばない」ことへの配慮が不可欠です。

アプローチや玄関ステップ(階段)に手すりを設置すれば、手すりにしっかりつかまりながら歩行できるため、思わぬ事故を未然に防ぐことができます。

また、比較的安価で施工期間が短いことも大きなメリットです。

201508-2g

足元照明

■夜の歩行を安全に

門まわりやアプローチ、玄関などには、ちょっとした段差が多いため、夜間の安全を考えれば、門灯や足元照明などを設けるといいでしょう。

アプローチが長い場合は、玄関まで誘導するように複数設置すればより安心です。

また、外構が明るくなることで防犯性も高まります。センサー付きやタイマー付きのタイプなら、つけ忘れや消し忘れの心配もいりません。

201508-4g

条件次第では「介護リフォーム」の補助金が受けられます!

住宅内だけでなく、スロープや手すりの設置などの外構リフォームにも「介護リフォーム」の補助金制度が適用される場合があります。

但し、適用の認定には諸条件があり、各自治体によってその内容も異なります。

詳しくはお住まいの自治体または静岡セキスイハイムエクステリアまでお問い合わせください。

関連おすすめ記事

201507-e

お手入れラクラク!美観もアップ!お好みやコストで選べる雑草対策。といってもいろいろな方法があり、ライフスタイルやお好み、ご予算に合わせてお選びいただけます。

201507-f

ライフスタイルや家族構成の変化に合わせて住まいをリフォームするように、お庭や外構も「より美しく」「より楽しく」「より使いやすく」リフレッシュする。「リ・ガーデン」のススメ。

l-item
【エクステリア・ガーデンアイテム】
用途やスタイルに合わせてさまざまなアイテムをトータルにコーディネートします。
続きを読む(グループ会社サイトへ)

エクステリアでバリアフリーのことなら静岡セキスイハイムエクステリアへ

ll-tel
ll-mail

 

 

投稿日:
タグ :
ページの先頭へ